ownCloudでファイル共有するには大きく分けて、「グループやユーザー間での共有」、「公開リンクによる共有」の2つの方法があります。

グループやユーザー間での共有

フォルダやファイルを設定したグループやユーザー間で共有する場合に使用します。

---1

共有するフォルダやファイルの共有アイコンをクリックします。

--2

右側にペインが表示されますので、「ユーザーとグループ」を選択し、検索用フィールドにユーザー名かグループ名を一部入力すると候補が表示されますので選択することで、共有を許可するグループやユーザーを設定できます。

社内メンバー間でファイルを共有する場合に便利ですね。
ExcelやWordなどで作成した開発ドキュメントなどは、gitやSVNよりも、このような共有フォルダを利用する方がいい様な気がします。

公開リンクによる共有

共有するフォルダやファイルの共有アイコンをクリックし、右ペインで「公開リンク」を選択します。

--3

「公開リンクを作成」ボタンを押下します。

--4

適当に「リンク名」を入力し、「パスワード」「期限」を入力します。

パーミッションは、ファイルの場合「Read only」ですが、フォルダの場合は、「Read only」「Read & Write」「Upload only」の中から選択が可能です。

共有リンクを設定し保存ボタンを押下すると、右ペインが以下の状態になりますので、「クリップボードにコピー」で、公開リンクのURLを取得することができます。

--5

URL例
https://owncloud.bright-l.0am.jp/s/WDIs30GLRznNDf0

公開リンクのURLと設定したパスワードを受け取った側は、URLに遷移すると以下のパスワード入力画面に遷移します。

--6

パスワード認証が成功すると、ダウンロード&アップロード画面に遷移します。
ファイルの場合は、ダウンロードだけですが、フォルダを公開した場合は、パーミッションの設定内容によりアップロードも可能となります。

--7

ユーザーに納品物をダウンロードしてもらう場合に便利ですね。有効期限も指定できますので消し忘れもあまり気にせず公開できます。
(公開リンク作成画面に、パスワードの自動生成機能があれば便利な気がしますね…)