Home-brewは、/usr/local配下にインストールされるので、利用しているシェルに/usr/localのパスを通す。

bash、zsh系なら

export PATH=/usr/local:$PATH

csh系なら

setenv PATH=/usr/local:$PATH

...とか。

Home-brewのインストールは...

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

command line developer toolsが必要なのだが、最新のインストーラでは、Xcodeかcommand line developer toolsのインストールを促してくれるのでここでは割愛。

$ brew doctor

でステータス確認で完了。