VS2013以降であれば

1. 新規にクラスファイルを作成する。

2. XMLをクリップボードにコピーする。

3. VSのメニュー[編集]-[形式を選択して貼り付ける]でXMLを指定してあげれば、クラスの出来上がり。

以上終了...昔みたいにxsdで作成する必要は一切なし。しかも、変換精度もなかなかのもの。

JSONもできるので、WEBサービスのインターフェース用クラスの作成なども、JSONさえあれば1秒仕事!!